ブラックベリーについて
ブラックベリーの育て方
ブラックベリーの楽しみ方
ブラックベリーに使用できる農薬
ブラックベリーの成分と健康機能性
ブラックベリーは、多くの土壌タイプに適応します。
しかし適切な土壌は
排水が良く、有機質が多い中性(pH6.0〜pH6.5)の土壌です。
植え付け時期
11月〜3月頃
植え付け間隔
直立性ブラックベリーの場合10a当たりの植え付けをする場合の参考として、畦間は3mあることが望ましく、株間は1.5mを弊社ではおすすめいたします。
直立性ブラックベリーの場合、夏季剪定と冬季剪定を行ってください。
植え付け1年目
春になると、株元からまっすぐなシュートが出てきます。高さが1〜1.2mでシュートの先端の芯を止めてください。すぐに分枝が出てきます。この枝も伸びたら、約50cmのところでカットしてください。(1年目、シュートが1mにならなければ、そのまま剪定しなくてもいいです)
植え付けは2年目以降
1年目と同じように作業をしてください。
植え付け1年目
結実した枝は冬までに株元まで枯れます。地際でカットして取り除いてください。また、夏期剪定後に伸びた側枝は約50cmのところでカットしてください。
植え付けは2年目以降
1年目と同じように作業してください。
植え付け3年目から本格的な収穫ができます。光沢のある黒色になってから収穫してください。1週間に2〜3回の収穫を目安にしてください。
植え付け1、2年は油かす等を一握り、3年目からは2〜3握りを与えてください。
ブラックベリーは、他の果樹より病害虫の被害が比較的少なく育てられますが、予防は重要です。病害虫予防のため、冬季、芽がほころぶ前に石灰硫黄合成剤(有機として扱われています)の散布をお勧めいたします。また、ケムシ、マメコガネ等は見つけ次第、捕殺してください。なお、薬剤の使用は有効です。
特に必要ありません。
ホーム | 大関国際セミナー | 海外研修 | よくあるご質問 | 会社概要 | お問い合わせ・資料請求
サイトマップ | サイトポリシー | プライバシーポリシー
Copyright 2012 Ozeki BlueBerry Nursery Co., Ltd. All Rights Reserved.